2010年2月アーカイブ

東京マラソン

こんにちは。ワイズ ワイン ギャラリーのです。

今日は東京マラソンですね!
当店スタッフも開店前に中央通りに応援に行きました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
↑店長、とても楽しそうです。

あいにくの雨ですが、
ランナーの皆さん頑張ってください!

ホットワイン

こんにちは。ワイズ ワイン ギャラリーのです。

ワイズ ワイン ギャラリーの地下有料試飲スペースには
数種類のリキュール・ブランデー・シロップが置いてあります。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

ワインショップなのに何故?と思いませんか

実はこれらのリキュールは、
ホットワイン(期間限定)で使用していました。
しかし、ホットワインの販売は本日で終了となります。
暫くお店でリキュールを見ることはなくなるかしら・・・?

こんにちは!ワイズ ワイン ギャラリーの安藤です。
今日は前日の続きです!
エリオ・アルターレ氏来日ということで、
試飲&懇談会を開催いたします、というアナウンスで伺いました。

実際会場へ足を運ぶと、豪華な立食パーティー形式で行われ、
前回もご紹介したように素晴らしいワインと
それに合わせた素晴らしい料理だったので、
仕事中だったのにも関わらず、かなりゴックンさせて頂きました。
(自分だけいい思いをさせて頂いてスタッフのみんな、本当にすまなかったっす)

エリオ氏のバローロ改革者としてのエピソードはワイン漫画等でも有名です。
※漫画 ソムリエール Vol.4に登場 (ヤングジャンプコミックス BJ)
城アラキ原作 松井勝法漫画 堀賢一監修 集英社ヤングジャンプコミックス

1976年にブルゴーニュを訪れて、
地元では大樽、長期間の熟成が当たり前だったのに対し、
マセラシオンの重要性や小樽での熟成など、
ワインに対するアプローチの違いに痛感し、
醸造方法などを取り入れるワイン造りを行います。
ただ、始めからブルゴーニュだったわけではなく、
カリフォルニアやチリなと世界各国のワインをテイスティングし、
研究しながら地元の品種のポテンシャルを最大限発揮できるとのことで、
ブルゴーニュにたどり着いた。
とおっしゃっていました。

エリオ氏は消費者に対する想いがとても強かったのも凄く印象的でした。
氏曰く、
世の中にはワインは2種類しかない!
美味しいか美味しくない
私はワインを飲まれる方が美味しいと
言って下さるワインを作りたい。
ただそれだけなんだ。


ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

今回はパーティー形式で2時間半という短時間もあり、
技術的なことはあまり触れられませんでしたが、
エリオ氏と同じ空間で素晴らしいワインと料理を体験できたことに
物凄い感動を味わうことができました。

お店用にしっかりとサインも貰ってきました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

インポーターのラシーヌさん(http://www.racines.co.jp/ )、
お料理と場所を提供して頂いた西麻布のレストラン、
ラ・グラディスカさん(http://lagradisca.co.jp/ )
このような場にお呼び頂き、本当にありがとうございました!

感動的生産者との対面

こんにちは!ワイズ ワイン ギャラリーの安藤です。

先日、個人的に超大好きな
イタリアの生産者、
ピエモンテのエリオ・アルターレ氏
が来日していて
正規輸入元であるラシーヌさんが主催するパーティーに
お呼ばれしてきました。

ラシーヌさんのワインはワイン通の消費者の間では信頼度が高く、
ワインショップにおいても品質管理環境がしっかりしていないと
ワインの取り扱いが出来ません!

うちは取り扱いできて本当に嬉しい!

その日は彼の奥様、娘さんと、フィアンセ?の
ご家族でプライベートで来日されていました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
(右から3番目にいらっしゃる男性がエリオ・アルターレさんです)

パーティーでは、
オーナーを務めているリグーリア州の白ワインをはじめ、
赤、デザートワインまで約16種類もの素晴らしいワインと
それに合うスペシャル料理が提供されました。

赤ワインは全てがバックヴィンテージばかりで、
今リリースされたらいったいいくらになるんだろう~と
ウキウキ気分で料理とのマリアージュを堪能させて頂きました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

バローロの改革者としてとても有名なのですが、
個人的に好きなのが彼のバルベラを使ったワイン達。
バルベラ・ダルバ(100%)
ランゲ・ラ・ヴィッラ (ネッピオロとのブレンド)
ランゲ・ラリージ(100%)
今回も稀少なヴィンテージが惜しげもなく振る舞われました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

もちろん、バローロ、バローロ・アルボリーナ、
バローロ・ブルナーテも非のつけようもないワインでした。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

なんといっても全体的にブルゴーニュを感じさせる
柔らか酸と果実味のバランス。
そして気品と完成度の高さ!

個人的には特に大好物だったのは、
2006年ランゲ・ラ・ヴィッラ
2004年ランゲ・ラリージ
1990年ランゲ・ラリージで、

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

ブルゴーニュは
コート・ド・ニュイの著名ドメーヌのグラン・クリュにも負けない
圧倒的な存在感がありました。
続く。。。

こんにちは。ワイズワインギャラリーのです。
今日は春一番が吹いているみたいで、あたたかいですね~。
でも、花粉も昨日以上に多くて、花粉症の私にはつらい一日になりそうです。
ところで、先日、前々から気になっていたワインをのみました。
イスラエルのワインで、エチケットがアラジンのランプのようでまたとってもかわいいのです

★ヤルデン・ソーヴィニヨン・ブラン(2007)¥2,230
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
生産地:イスラエル・ゴラン高原
生産者:ゴラン・ハイツ・ワイナリー

気になるお味はというと、
完熟したレモンの香りに、まろやかな酸味と果実実がふくよかでエレガント
ところで、ゴラン高原って正直どこかわかりませんでした。
調べてみると、
ゴラン高原は、イスラエルの北東部にあり、中東戦争時代にシリアより占領した場所で、
今でもシリアとの中立地帯なんだそうだ。
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
イスラエルなので、暑くて乾燥したイメージがあったのだけど、
ゴラン高原は標高が高いおかげで、冬には雪が降り、
その雪解け水で、一年を通して水が豊富なのだそうだ。
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
シリアといえば、去年あたりに『シリアの花嫁』という映画があったのを思い出した。
映画の舞台もまさに、このワインの産地であるゴラン高原!
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

まだ見ていないのだけど、内容はこんな感じ。
軍事境界線を越えたシリア側の男性と結婚することになった、イスラエル占領下のゴラン高原の村に住む花嫁の決意と運命をつづる感動ドラマ。
一度越えたら家族とも二度と会えない境界線をめぐる結婚のエピソードを複雑な中東情勢を背景に描き出す。

この週末はこのワインを飲みながらこの映画を見て過ごすのもいいかもしれない。

グラス

こんにちは。ワイズ ワイン ギャラリーのです。
当店癒し系スタッフ嬢のお仕事中フォトです。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

片手で沢山のグラスを運んでいます♪

私はこの状態を見るのが大好きで、
誰かが沢山のグラスを運んでいるところに出くわすと
必ず見とれてしまいます。
そんなに難しい技術ではないのですが、
(グラスの量が多くなれば
 確実に技術が必要になるとは思いますが)
効率良く作業をしている姿は美しいですよね☆

お店の紹介、その3

こんにちは!スタッフの安藤です。
今回は地下フロアの紹介です。

ワイズワインギャラリーの心臓というべき地下フロアは
1階のカジュアルとは一転して
ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュを中心とした
ヴィンテージワインを揃えております。
1万円位~100万円近い高級ワインまで
種類は約300種類になります。

銀座にふさわしい
王道のロマネ・コンティや五大シャトーから、
ワイン通な方にも喜んで頂けるような
古いブルゴーニュの稀少品や珍品?まで、
お店の名前にふさわしい商品を紹介させて頂いています。

本当にかわいい子達ばかりで
お客様のもとに旅立っていくのが寂しいときもあります!
(売り物なのでしょうがないですけどね)


また、地下では高級ワインをグラスワインとして提供しています!

「毎日は飲めない高級ワインの味見」として、
「銀座でゆっくりワインを楽しむために」
「仕事終りの一杯」など
また隠れ家的なシックな空間なので、
著名な方のお忍びなど、
色々なワイン好きのお客様にご利用頂いております。
ホームページでリストをアップしていますよ!
今後、ブログでもご紹介していきますので、よろしくお願いします。

こんにちは。
ワイズワインギャラリーのです
やっと、最近寒さもやわらいで春の訪れを感じつつある今日このごろです。
2月前半は寒すぎて、しばらくずっと赤ワインばかりでしたが、
気候の変化とともに飲む比率が高くなってきたのがスパークリングワイン。

私の疲れをいやしてくれるのはやっぱり泡!
心身ともに疲れた時にはホント泡に限ります。
家に帰ったときに一杯、お風呂上がりにまた一杯。
ほんと癒されます
最近飲んだのはこれ

★クレマン・ド・リムー・NV \2,190★
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
タイプ:スパークリング
品種:シャルドネ60%、モーザック5%、シュナン30%、ピノ・ノワール5%
生産者:ドメーヌ・J・ローラン
国:フランス・ルーション

ニューヨーク・タイムズでベストバリューに選出されたというもの。
ずっと気になっていたお店のワインの一つです。
2000円チョイというのがまたお財布にやさしいですね。
気になるお味はというと、
細かい泡立ちがやさしい
甘い果実の香りとナッツのスモーキーな味わい。
熟成感のある果実味と余韻にはグレープフルーツの皮のようなビターな感じが
また、一杯とお酒がすすみます。

写真撮影

こんにちは。ワイズ ワイン ギャラリーのです
今日は商材用の写真撮影を行いました。

ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ

上の写真は、モデル達(ワイン)を選んでいる店長です。
あーでもないこーでもないと
何回もお店とテラスを行き来する店長の姿が、
とっても素敵でした!

こんにちは。ワイズ ワイン ギャラリーのです
本日は最近見つけたノムリエお気に入りワインの
紹介をさせていただきます。

私が今好きな赤ワインは、
酸味が強くなく
渋みがおだやかで
果実味のある
タイプです。

そんな私が美味しいと思ったワインはこちら

★アルトス・ラス・オルミガス・
マルベック・リゼルヴァ(2006年) \2,990★
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
タイプ:赤フルボディ
品種:マルベック
生産者:アルトス・ラス・オルミガス
国:アルゼンチン・メンドーサ

家で赤ワインを開けるときは
なるべく2日かけて飲むようにしていて
1日目と2日目の味わいの違いを楽しんでいます。
こちらのワインは、
1日目は私には少々酸味も渋みも強く感じられたのですが、
2日目はまろやかになり、
まさに私好みの味わいになっていました
もし私と同じ好みの方がいらっしゃいましたら、
是非お試しくださいませ。

味わいとは関係ありませんが、
このワインはエチケットにいる
アリさんがとても可愛いんです
ワイズ ワイン ギャラリー 銀座 スタッフブログ
このアリさんには、ちゃーんと意味があるそうですが、
それについてはまた後日アップさせていただきますね。

1  2  3

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。