2012年1月アーカイブ

こんにちは!ワイズ ワイン ギャラリー・店長の安藤です!

相当遅くなりましたが、今年一発目のブログは、
昨年頂いたワインの中でも特に印象に残ったワインを思い返してみます!
(本来ならば昨年末のネタなのですが・・・。)


○2007年アルディーアーノ、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ/試飲会にて発見。
希望小売価格2,520円
これは大発見でした!
当店企画、2本で3,150円にて最も売れた赤ワインでした。
試飲会ではこのような凄まじいコスト・パフォーマンスを誇るワインを
発見できるのが楽しみのひとつでもあります!
売り切れて写真は用意できませんでした。


○2007年エシェゾー(DRC)/ワイン会にて

2007エシェゾー.JPG

2007年はグラン・エシェゾーとの飲み比べましたが、
硬く閉ざしているグラン・エシェゾーに対して、
エシェゾーはジューシーでクリーミーでとても社交的でした。


○1996年ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・クロ・サン・ジャック(ドメーヌ・フーリエ)/ワイン会にて

1996クロ・サン.JPG

この2か月前に1996年のグリオット・シャンベルタンも飲ませて頂いたのですが、
思ったより感動がなかった前振りが大きかったかもしれません。
これは素晴らしかったです。

 
○1988年ロマネ・サン・ヴィヴィアン(ロベール・アルヌー)/12月豊洲会にて

1988アルヌー.JPG

状態はほぼパーフェクト!なんともいえぬ幸福感を味わいました!
ただただ美味しかったです!


○1996年ミュジニィ(ドメーヌ・ジョセフ・ドルーアン)/11月豊洲会にて
こちらも月1の豊洲会にて!
96年は酸が強く、このクラスのワインは閉じていることが多いのですが、
この子は素晴らしいかった!ひんやりと冷涼で、
ピシッと筋が通っていてたのですが、予想以上に硬さはなく
、かといってただ優しいだけでもなく…。
ちょっとツンデレ系で自分の大好物な味わいでした。
写真はブログアップ。
2011年11月の豊洲会の様子をどうぞ。
http://www.yswinegallery.com/blog/2011/12/post-287.html


○1992年バタール・モンラッシエ(ドメーヌ・ラモネ)/1月豊洲会にて

1992バタール.JPG

抜栓直後は、ん??という感じでしたが、
時間の経過と共に、化ける化ける!
樽と果実のバランスも良く、
エネルギッシュで余韻が長い素晴らしいワインでしたね~!


○1995年ロマネ・サン・ヴィヴィアン(ドメーヌ・ルロワ)/ワイン会にて

1995ルロワ.JPG

いつも大変お世話になっているかたにご馳走になりました。
ことばがありませんでした。


○1999年ジャック・セロス・ミレジメ/ワイン会にて

コピー-~-CIMG5301.JPG

今年1年で3回味わう機会がありましたが、
12月29日に飲んだときが一番落ち着いてました!
(それでも反抗期です)
3月は手がつけられない暴れん坊!
しかしながら躍動感があり生命力に満ち溢れた凄いシャンパーニュです!


○1990年アラン・ロベール・ル・メニル・トラディション/1月豊洲会にて

1990ロベール.JPG

年始はこれから始まりました!これを飲めた事は本当に幸せでした!
叶うならばもう一度飲みたい!(ラシーヌ輸入物が)


○1990年シャンベルタン(アルマン・ルソー)/ワイン会にて

1990シャンベルタン.JPG

トゥール・ダルジャン物(一般ものとは樽が違うのでは??)の
素晴らしい管理されたワインは偉大でした!
まだまだ硬く強かっすが、艶やかで魅惑的でした!


○1996年シャトー・デュクリユ・ボーカイユ/豊洲会にて

1996デュクリュ.JPG

1996デュクリュ2.JPG

ここ1年で4度ほど飲みましたが、
いつも期待を裏切らないパーフェクトに近いワインです!


○1997年ボンヌ・マール6000ml(ジョルジュ・ルーミエ)/生産者来日ディナー会にて
フィネス主宰のワイン会にお呼ばれした際に頂きました!
本人クリストフの話を伺いながらのワインです!
至福の一時でした!


○1995年ヴォルネィ・プルミエ・クリュ6000ml(マルキ・ダンジェルヴィーユ)/生産者来日ディナー会にて
同じようにフィネス主宰のワイン会にて。
品のあるダンジェルヴィーユ夫妻の温かみのある人柄に虜になってしまいました!


○1995年クロ・ド・ヴージョ6000ml(メオ・カミュゼ)/生産者来日ディナー会にて
3種類のなかで飛び抜けていたスーパーワインでした。
(ここのワインは生産者来日、来店等のブログをアップする際に記載いたします。)

 
○1999年甲州長期熟成(シャトー酒折)/試飲会にて発見。

1999長熟甲州表.JPG

1999長熟甲州裏.JPG

店頭でも24本がすぐに完売しました。
今年1番の珍品!10年以上も見つからず、
セラーの奥でひっそり隠れていたようです!
シェリーっぽいけど、甲州らしい風味もあって素直に美味しいワインでしたよ!


○2002年プティ・ヴェルド(ドメーヌ・ルバイヤート)/豊洲会にて
開けたては味もなく、香りもなく、やっちゃた系でしたが、
放置されて2時間後に飲んだらビックリ仰天!
とてもクリーミーでイチゴクリーム的なほどよい酸味とのバランスもあった
美味しいワインでした!
1999年から2年ごとになんとか入手できていて、
密かに、国産プティ・ヴェルドを応援しております!
これも豊洲会のブログをどうぞ。
http://www.yswinegallery.com/blog/2011/11/post-283.html

今年も沢山のワインとの出会いに乾杯!!

 

1

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。