2012年12月アーカイブ

☆モンドールとシャンパーニュ☆

クリスマスも近ずくと、モンドールの季節ですね。実際には8月15日から製造されているので、熟成期間3週間を経て、9月中旬には食べることが出来るのですがやはりクリスマス、年末のチーズという気がします。とはいえまだ若い風味のモンドールも好きですが。
ミルクの濃厚な味と食感、スゥッと鼻に抜けてくる爽やかな香り、そして広がってゆく上品な甘みのある味わい。
相反する様な要素が楽しめる素晴らしいチーズですよね。
その、濃厚な味わいからなのか、しっかり赤ワインと勧められることも多いのですが、
私はシャンパーニュとの相性も抜群だと思います。
とくに熟成して柔らかくなったモンドールをテーブルに置いて、クラッカーや温野菜につけて御一緒に・・・。
ちょっとすくって、中身が少なくなったら、白ワインを少し入れて、モンドールの木箱をアルミホイルで包んでオーブンで焼けば、「FONDUE AU MONT D'OR」=黄金(モンドール)のチーズフォンデュとしてもお楽しみ頂けます。IMG_9021.JPG

「チーズには赤ワイン」と決めてしまわないで、シャンパーニュや、甘口ワインなんかともお楽しみ頂けたらと思います。赤ワインの搾りかすに漬け込んだチーズなんかもありますしね!!是非、色々な組み合わせを試してお楽しみください!!

まだ、シャンパーニュフェア「3本で10,800円」好評発売中です!!オンラインからも御注文頂けます。 http://www.yswinegallery.com/ec/products/list.php?category_id=133

勿論、甘口ワインも多数取り扱っております。おせちにも、意外とあいますよ。

 



パーティーシーズン真っ盛り!クリスマスの予定は決まりましたか?
さた、そんな季節のパーティへ持っていって間違いないのがシャンパーニュ!
当店ではそんな華やかで美味しいシャンパーニュ選びの参考にして頂くために、お得な企画をご用意しました。
地下試飲室にて、当店で販売しているRMシャンパーニュをなんと1杯500円で提供致します!

IMG_9014.JPGIMG_9013.JPG
通常は一杯1,000~1,500円ですから、かなりお得!なかなかシャンパーニュを飲み比べることは、無いと思いますのでこの機会をお見逃しなく!
シャルドネだけから作られた引き締まった酸のブラン・ド・ブラン、ふくよかな果実味を感じられるブラン・ド・ノワール。様々な味わいのシャンパーニュが8種程お選び頂ける予定です。
各ボトル飲み切り次第終了ですので、気になる方は早めにお越しください。

また、ただ今、絶賛開催中の年末シャンパーニュフェアも現在の店頭在庫を持ちまして終了となります。


1本5,000~のシャンパーニュが¥10,800/3本は大変お得です。まだ買いそびれている方は是非ともお早目のご来店をお待ちしております。

日時
12月17日(月)~19日(水)

場所
当店地下試飲室

 


スタッフお勧めワインが入荷しましたので、御案内いたします。

<ロベール・シュウ゛ィヨン>
2010ブルゴーニュ・ルージュ3,300円
2010ニュイ・サン・ジョルジュV.V.6,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ8,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ロンシエール8,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ9,900円

 ロベール・シュウ゛ィヨン

ニュイ=サン=ジョルジュにおける教科書的存在のドメーヌ
ニュイのアペラシオンの元ともなっている評価の高いクリマ、レ・サン=ジョルジュを始め、ヴォーヌ=ロマネ側からプレモー村までの代表的なプルミエ・クリュを計8区画、8ヘクタールにわたって耕作するドメーヌ・ロベールシュヴィヨンだが、広さ13ヘクタールのドメーヌの名声を高め、率いてきたロベールは2003年引退、現在は1990年より父ロベールと働いてきた、兄ドニと弟ベルトランの兄弟が運営する。
およそ300ヘクタールの広さがあるニュイ=サン=ジョルジュは、コート・ド・ニュイでジュヴレ=シャンベルタンに次ぐ大きなアペラシオン。その全体はニュイの町が広がるムザン川の扇状地により、ヴォーヌ=ロマネ側とプレモー側に大きく分けられ、ワインの風味、味わいも異なる。上にも記したようにドメーヌでは、ヴォーヌ側からプレモーの村までの主たるプルミエ・クリュからワインを生産しているため、そのテロワールの差異を如実に味わい知ることができる。ポートフォリオにはブルゴーニュACやアリゴテもあるものの、全てニュイのエリア内にあり、まさにニュイに特化したドメーヌといえる。


2010ブルゴーニュ・ルージュ3,300円
2010ブルゴーニュ・ピノ.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュV.V.6,000円
2010nui VV.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ8,000円
2010シェニョ.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ロンシエール8,000円
2010ロンシエール.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ9,900円
2010カイユレ.jpg



2005バローロ・サント・ステファノ・ディ・ペルノ(ジョゼッペ・マスカレッロ)
希望小売価格13,500円  当店価格9,800円

偉大なワインであるバローロ。通常1万円を切ることのない素晴らしい銘柄がお値打ち価格で手に入りました。伝統的な造り手の1人、ジョゼッペ・マスカレッロ。しっかりとしたエキス分と複雑さがあり、年を経てエレガントに変化していく王道の味わいが楽しめます


2005バローロ・サント・ステファノ・ディ・ペルノ9,800円
2005バローロ.jpg

数に限りがございますので、ご希望の方はお問い合わせください。

★レ・ミゼラブル★

レ・ミゼラブルの映画がもうすぐ公開されますね。
小学生の時には、燭台を盗んだ男の人と神父さんの話だけだと思ってましたが・・・。
もっと長いお話だと知ったのは図書館で借りた「ああ無情」を読んだ時ですね。
今なお、世界中でミュージカルが多くの人を魅了し続けていますよね。

ヴィクトル・ユーゴーさんは
「神は水をつくった、しかしワインは人がつくった」という言葉も残しています。

ブドウをワインに醸造する、限りなく手を加えないという考え方の造り手さんも多いですが、そういった造り手さんほど健全なブドウのための畑仕事は欠かせません。人が手を掛ける、ということでこんなにも素晴らしい味わいのワインが出来るんですよね。

ちなみに、著者のヴィクトル・ユーゴーさんがこよなく愛したといわれているのがポマール村のワインです。
数世紀にわたりブルゴーニュを代表するワインとして位置付けられていたポマール。
繊細なピノノワールに親しみやすい土っぽい生命力を感じさせるこの土地のワインは
「ボーヌ地方のワインの花」とも讃えられていたそうです。

著者の愛したワインを飲みながら、
「レ・ミゼラブル」を読み返す。
寒い冬に、そんな時間の使い方が出来たら素敵ですよね。
私にはまだまだ、出来そうにはないですが・・・。

 

 

  

 

 

★幸運のイルカ☆カーセ・バッセ☆

数日前から、FBやニュースで流れていたジャンフランコソルデーラのワイン流出の事件・・。
ワインの樽の栓が開けられ2007~2012年までの計6万2千リットルの流出。
膨大過ぎてよくわからないです・・・。被害額も膨大ですし。なによりもあの素晴らしいワインがすべて地に吸い取られてしまったかと思うと。残念という言葉では語りきれません。
ソムリエになって、最初のお店を退職した時に飲んだソルデラ1996はいまだにボトルごと取ってあります。ソルデラ.jpg
飲んだ時の事や、その当時の記憶も一緒に呼び覚まされました。
ちなみに、このラベルの海獣は、現代画家ピエロ・レッディの作の酒神ディオニュソスを祭るイルカなのですよね。
ソルデラ96.jpg
繊細、緻密、神秘的、何故か東洋的な雰囲気、まさにこのワインに相応しいですよね。
(ペガサスも素敵だと思います)

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ * ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

ブルネッロもまた、造り手さんによってあまりに多様なな味わいを発揮しますよね。農作物であるブドウの出来は毎年違うのだから味わいが違っているのは当たり前なのですが、さらに造り手さんの考え方があるので、樽材の種類、期間、ブドウ栽培方法などをあるヴィンテージからかえていたり、なんてこともよく聞きます。
IMG_8939.JPG
例えば今、当店にあるアジエンダ・アグリコラ・リジーニのブルネッロ・ディ・モンタルチーノなんかは、天然酵母から培養した酵母を使用し、90年代にはバリックも使用してコクのある果実味が出たしっかりとしたブルネッロを造っていましたが、現在ではサンジョベーゼのスタイルを緻密かつエレガントでしっとりとした味わいを出すべく、伝統的な大樽で熟成されているそうです。(7,600円で販売しております。)

その年の天気、畑の向きだけでなく、造り手さんの考え方をも反映するワイン・・・改めて素晴らしい飲み物なのだなぁと思ってしまいます。
 

 

 

 

レオナール藤田薔薇マム.jpg先日のブログで、藤田嗣治(レオナール・フジタ)さんのデザインした薔薇を使用したキャップについて少しだけふれましたが、1958年、カンヌ映画祭にて初めてマム ロゼが発売された時には、当時ルネ・ラルーと深い親交のあった日本人画家藤田嗣治によるバラは表のラベルに描かれていました。
海外ではキャップのコレクタ-も多いので、(キャップ専用の額もあるぐらいですし・・・)要望にこたえた形でラベルからキャップに薔薇は移されたといいます。IMG_8930.JPG


波乱に満ちた人生を送ったレオナール・フジタですが、裸婦に代表される質感と優美な画風は有名で今では日本でも非常に人気がありますよね。
ちなみに1966年には藤田がマムの敷地内になる礼拝堂を手掛け、こちらは後にフジタ・チャペルと呼ばれています。
ワイズワインギャラリーにはマムロゼ限定ディナージャケットがございます。http://www.yswinegallery.com/ec/products/detail.php?product_id=574

IMG_8931.JPG

写真だとわかりずらいのですが、ロゼの象徴であるレオナール・フジタ(日本人画家)によるバラのデザインと、ブランドロゴをチャームにしたキーホルダーが付いています。

マム ロゼに合わせた優しく女性らしいピンク色のジャケットは、ボトルにフィットして、飲み頃に冷えた状態を保つ保冷機能を備えています。
持ち手になるストラップが付いているから、春になったらお花見やアウトドアでの持ち運びにそのまま持って行けてとっても便利!!
★☆パーティに持っていったら話題になりそうですよね★★

 


シャンパーニュでもカヴァでもスプマンテでもスパークリングワインのコルクを押さえている針金とキャップ。
(たまに王冠キャップのもありますが・・・)皆さんは抜栓したあとどうしていますか?
絵柄が素敵だったりする物も多く、私は気に入ったのは引っかけて取って置いています。
カヴァなんかでも、同じ銘柄なのに何種類もの絵柄があったりして「あ、今回はピラミッドとラクダの絵だ」なんてあける前から楽しくなってしまいます。

IMG_8929.JPG

その、針金とワイヤー部分ですが、針金部分を折り曲げてチェアーを作ったり、背もたれの部分をハート型にしてテーブルの予約カードを指しているお店もありますよね。
ご家庭でも、ホームパーティの際にお客様の名前を書いて席に置いておくと、お洒落な演出になってその後のパーティも盛り上がりそうですよね。
マムのロゼシャンパーニュには藤田嗣治の薔薇の花が描いてあるのも有名ですが王冠やコルクにも星が描いてある造り手さんは多いんですよ。

ジンクスとして
彗星のヴィンテージは素晴らしい出来栄えのシャンパーニュが出来るというのがあるからです。
1811年に現れた大彗星のおかげで、その年のワインは特に優れた品質になったと考えられ、以後シンボルとして色々なメゾンのエチケットやコルクに彗星のデザインが使用されるようになったそうです

ハレー彗星が近づく空気がなくなるからタイヤのキューブを買い求める人がたくさんいた。なんてつい一昔前の本当の話ですし、災いの予兆として考えられてた彗星。まだ、解明されていないがゆえに様々な事件も起こりました。

科学的には何の根拠もないようなシャンパーニュと彗星のジンクスも、素敵な話として考えていればいいのではないのでしょうか?
グラスに注げば、そこにはキラキラした星空や、真珠といった美しいものがでてくるのですし。飲むこともできますしね。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ 

 シャンパーニュフェア、オンラインでもご注文頂けます!!http://www.yswinegallery.com/ec/products/list.php?category_id=133

1

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。