2015年6月アーカイブ

シャンパーニュ基礎講座

シャンパーニュ当店の最も力を入れているジャンルの一つがシャンパーニュ。

特に、RMと呼ばれる、自分でブドウを育て、醸造しているこだわりの生産者を数多く取りそろえております。

そんなシャンパーニュを飲みながら、その歴史や造りに関して話を聞きながら、楽しく過ごそうというのが、本日のシャンパーニュ会!

 

 

ワインクーラー

講義の内容もたっぷりでしたが、シャンパーニュ自体もたっぷりと贅沢な分量をご用意いたしました!

 

シャンパーニュ会

シャンパーニュが大好きな10人が集まった銀座の午後。

 

シャンパーニュ・パーティー

ちょっとした、軽食は用意させていただいておりますが、基本は、とにかくシャンパーニュを味わう会。

 

ワイン講師飲みながら、スタッフからシャンパーニュの造り、成り立ち等についてのお話し。

RMシャンパーニュの味わいはそれぞれ特徴があり、飲み比べると大変面白いですね。

今回は、基礎講座と冠しておりますが、シャンパーニュをそれなりにご存知の方も多かったので、少し突っ込んだ所までお話しさせていただきました。

 

マグナム

今回の一番人気ボトルは、こちらの【2002 ルネ・リュタ ブラン・ド・ブラン】!

写真では分かりにくいのですが、マグナムサイズです!

あまりマグナムボトルに触れる機会は無いので、貴重な体験でしたね。

ミレジメらしい熟した味わいが印象的でした。

ちなみに、ワイズにはマグナムシャンパーニュを十分に用意してありますので、パーティーのおもたせを考えている場合はワイズにどうぞ。

 

あとは、ジャン・ヴェッセルのウィユ・ド・ペルドリが、ピノ・ノワールのふくよかな味わいが存分に発揮されていて人気でした。

 

ラタフィア隠れた人気だったのが、こちら!

ジャン・ヴェッセルのラタフィアです。

ラタフィアとはシャンパーニュ地方で造られる甘口のリキュール。

シャンパーニュの強い酸に染められた口を最後に優しく癒してくれます。

あまり取り扱いが無いお酒ですが、ワイズには現在こちらのジャン・ヴェッセルだけでなく、エグリ・ウーリエ、そしてポール・デテュンヌのラタフィアもございます。

ワイン会にちょっと変わったボトルとしてアクセント等に加えるのにもおススメ致します。

 


ジャン・ヴェッセルさて、来月は今回人気だったジャン・ヴェッセルが来日し、当店でサイン会を行います。

入場は無料でご参加いただけますが、席数が限られておりますのでご都合付く方はお早めにお申し込みください。

 

お申込みはこちらから!

ブリューノ・パイヤール

シャンパーニュ地方で造られる、世界で最高のスパークリングワインがシャンパーニュ。

お値段も、他の土地のスパークリングワインと比べると上のランクとなっています。

 

そんな土地で、泡の無い、スティルワインが造られているのをご存知でしょうか?

それが、コトー・シャンプノワ。

今回新しく入荷したのはそんな、ブリューノ・パイヤールのシャンパーニュと、コトー・シャンプノワのヴィンテージ違いで2008,2009,2010です。

 

コトー・シャンプノワは、赤、白、ロゼが可能で、ヴィンテージは入れなくても、入れても良い、というかなり特殊でゆるい規定に基づいています。

シャンパーニュに必要な3年(ミレジメ)の熟成期間も必要ありません。

実際に日本で買える有名生産者のボトルにはほぼヴィンテージが入っていますが、フランス国内で消費されるボトルはほとんどヴィンテージが入っていないようです。

 

シャンパーニュの造り手の気持ちを考えると、泡入りのシャンパーニュを造りさえすれば、世界比較で他の生産者の何倍も高い値段で売れるのですから、なぜ売りにくいスティルを造るのでしょうか?

 

ボトルに詰めさえしてしまえば国内で5000円以上はしてしまう高級なワインの生産地では、生産者達は晩酌に何を飲めばいいのか?

そうなんです、今でこそシャンパーニュはスパークリングワインの産地ですが、歴史をさかのぼれば当然ながらスティルワインを造っていました。

そんな歴史を踏まえ、自分たちで飲むための地酒という位置づけなんですね。

 

そんなわけで、今回の入荷分の口元を見ると、シャンパーニュに使う大きなキャップシールを流用して普通のコルクを打ったボトルにかぶせているため、妙につぶれているのがわかりますね。

 

コトー・シャンプノワ

左がコトー・シャンプノワ。

右は、同じメゾンのシャンパーニュ。1990年のブラン・ド・ブランです。

 

さて、ここからちょっとマニアックな質問。

コトー・シャンプノワには赤がほとんどで、白が珍しいのですが、それはなぜでしょう?

 

ヒントは、この地で造られているワインの特別な造り方。

 

おわかりでしょうか。

シャンパーニュでは赤ワインと白ワインを混ぜるロゼの造り方が認められているのが、この地で赤のスティルが多く造られる理由のひとつです。

白が余ればシャンパーニュに仕立てられますが、赤が残ってしまった場合には、スティルワインにするしかありませんね。

 

加えて、造り手が飲む地酒としては、白はシャンパーニュでおなかいっぱいなのではないでしょうか。

シャンパーニュを造っていたって、赤ワインを飲みたい時には飲みたいはず?

こちらは筆者の想像ですけどね。

 

さて、今回入荷したのは、珍しい白のコトー・シャンプノワ。

そして、ヴンテージ付きな上で、3ヴィンテージの縦飲み状態での入荷です。

 

商品の詳細は店舗までお問い合わせください。

 

  • 2008 コトー・シャンプノワ/ ブリューノ・パイヤール
  • 2009 コトー・シャンプノワ/ ブリューノ・パイヤール
  • 2010 コトー・シャンプノワ/ ブリューノ・パイヤール
  • 1990 ル・メニル・ブラン。・ド・ブラン/ ブリュノ・パイヤール

 

 

フーリエのエンブレム

 

ブルゴーニュワインを最も得意とする当店において、今最も人気のある熱い!生産者と言えば…

 

一時のルーミエ狂想曲は落ち着き…

ルジェ香に陶酔するも、値段を見ると目が覚める…

ルフレーヴ女史の才は最高のワインを造る会社造りにあったということで、狂ったような動きは見られず...

追いかけても追いつかないなら遠くから見守りたいルソー、ヴォギュエ、コシュデュリ…

それならば!と見つけ出した新進若手カリスマ醸造家は、それぞれのファンがそれぞれに楽しみを見出しています。

 

といった中で、

一人気をはいているドメーヌ・フーリエです。

 

当店では圧倒的に問い合わせが多く、ボトルを見ると笑顔になるお客様が最も多いのがドメーヌ・フーリエです。

安定した素晴らしい美味しさのワインが毎年届くため、安定して超人気の生産者ですね。

2013年も間違いなく美味しいのです!

そんなフーリエが、

 

フーリエの梱包

届いております!

 

ジュヴレ・シャンベルタンの造り手箱に誇らしげに貼られたラベルには、いつものエンブレムが輝きます!

 

2013コンブ・オー・モワンヌ箱を開けると、こんな風にボトルが詰められています。ヴィンテージ2013のラベルがまぶしい!

 

2013 プティ・ヴージョ

 

さて、2013年のドメーヌ・フーリエは、早速店舗に並んでおります。

ウェブショップにて内容はご確認いただけますので、以下をご覧ください。

 

6月の花嫁は来週の日曜に最高に幸せになる

IMG_9147.JPGジューン・ブライドという言葉がありますが、6月の結婚は花嫁が幸せになれるといわれています。

そして、来週の日曜日は、「大安」。

一日中が吉日と言う事で、結婚式は大安が良いと言われています。

6月の日曜日の大安は28日のみ。

ということで、大安の6月の休日がやってきます!

 

結婚式に呼ばれている方も多いのではないでしょうか?

 

当店では、ハッピー・ウェディング・フェアとして婚礼にふさわしいギフトをそろえております。

 

 

ベル・エポック

最も人気があるのは、なんといっても、エミール・ガレの描いたアネモネの花が美しいペリエ・ジュエのグラスセット!

ボトルと同じ様にグラスにも花柄が描かれ、とにかく華やかなので、幸せな2人へのギフトとしては間違いなく喜ばれるでしょう。

お値段は¥26,500。

 

グラシアン

同じグラスセットのお値段違いでおススメするのが、グラシアンの2007 ブラン・ド・ブランのギフトセット。

ブラン・ド・ブランとは、「白ぶどう」から造られた「白ワイン」のこと。

花嫁の純白なドレスを連想させ、ウエディングギフトにはぴったりですね。

お値段は¥15,500。

 

アンリオ

そして、もうひとつ。

アンリオのラ・フリミ・デュ・マリアージュのグラスセット!

アンリオ最上級区画のシャルドネ畑は5大目当主がシャンパーニュの名家マルゲ家の娘と結婚した歳に「嫁入り道具」としてもたらせられました。

こちらもブラン・ド・ブランで、お値段は¥11,600。

 

エマニュエル・ルジェのクロ・パラントゥロマネ・コンティを筆頭とした様々な特級畑と比べても、別格な知名度と価格を誇る1級畑クロ・パラントゥ。

元々は、フィロキセラ禍以降休耕地になっていた畑をアンリ・ジャイエが開墾し、伝説的なワインを造ったために、その名が知れ渡りました。

そして、神の正当な継承者として、神の耕した畑の2/3を継いだのが、エマニュエル・ルジェ。

残りがメオ・カミュゼの所有となっています。

 

今となっては、ジャイエのクロ・パラントゥは100万円を越える値がつくボトルとなってしまいました。

果たしてルジェのボトルは、今後どのように評価されていくのでしょうか?

 

ワイズでは、神の継承者【エマニュエル・ルジェの2011クロ・パラントゥセット】を1セット限り販売いたします。

ブルゴーニュの伝説を水平で手に入れるチャンスです。

 

商品の詳細は、店舗までお問い合わせください。

 

  • 2011ブルゴーニュ・パストゥーグラン(エマニュエル・ルジェ)
  • 2011サヴィニー・レ・ボーヌ(エマニュエル・ルジェ)
  • 2011ニュイ・サン・ジョルジュ(エマニュエル・ルジェ)
  • 2011ヴォーヌ・ロマネ(エマニュエル・ルジェ)
  • 2011ヴォーヌ・ロマネPCクロ・パラントゥ(エマニュエル・ルジェ)

 

 

今年の父の日は6月21日(日)!

つまり今週末までに準備を整えなくてはなりません。

お忘れなきよう!

 

ワイズでは、お父様のお好みにぴったりのワインを選ぶお手伝いをするのはもちろんのこと、

生まれ年に合わせたワインを探すこともできますので、お早めにご相談下さい。

 

ワインには、メッセージシールをサービスでお付けしますので、日ごろの感謝を伝えましょう!

 

ブルゴーニュ古酒

幻の74年のワインも含め、ブルゴーニュのバックヴィンテージが入荷しました。それも超人気生産者のものばかり!

 

特筆すべきは、先代フーリエでしょうか?

つねに人気生産者は移り変わっていくものですが、現在最も追い風に乗っているのは、この生産者に間違いありません。

それはドメーヌ・フーリエ!

今回の入荷は先代のジャン・クロードのボトル!

81年から94年までの間、ジャン・クロードが生産し、現在はジャン・マリーが引き継ぎ、ドメーヌ名をドメーヌ・フーリエとしてその名声を不動のものにしています。

父の味はいかなるものなのか?

ブルゴーニュファンであれば誰しも気になるところですね。

 

 

 

ブリューノ・クレール

 

詳しいリストはこちらです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  • 1986ジュブレ・シャンベルタン・PC(フーリエ(ジャン・クロード))
  • 1996ヴォーヌ・ロマネ・ボー・モン(ドミニク・ローラン)
  • 2008ジュブレ・シャンベルタン・シャン(ドニ・モルテ)
  • 1999ル・モンラッシェ(ルイ・ラトゥール)
  • 2005シャンボール・ミュジニー(ジェラール・ラフェ)
  • 2005ジュヴレ・シャンベルタン・ジュスティス(フィリップ・シャルロパン・パリゾ)
  • 2007ジュヴレ・シャンベルタンPCクロ・サン・ジャック(ブリューノ・クレール)

ティボー・リジェ・ベレール

 

当店での生産者セミナーをしたこともある、ティボ・リジェ・ベレールの2012年、そして05と09のバックヴィンテージが入荷いたしました。

とにかくナチュラルでピュア、スムーズに体に沁み入ってくるのがティボースタイル。

優しさ、柔らかさと言ったワインの特徴も、ご来店いただいた時の本人の人懐っこく柔らかな人柄の印象から納得できます。

 

まさに、土地の味わいが素直に感じられるワインというにふさわしいでしょう。

 

 

ティボー・リジェ・ベレールちなみにキャップシールは05のコルトンだけちょっと違うんですね。↓↓

ティボキャップシール

 

  • 2009NSG・PC・レ・サンジョルジュ
  • 2009クロ・ド・ヴージョ
  • 2012NSG・ラ・シャンモット
  • 2012NSG・PC・レ・サンジョルジュ
  • 2012アロース・コルトン・PC・トプ・オ・ヴェール
  • 2005コルトン・レ・ナード

全てティボー・リジェ・ベレール。

ヴィンテージワイン

ボルドー左岸格付けシャトーのちょっと古いのが入りました。

現行のエチケットと少々バージョン違いのボトルもありますね。

どこが違うか飲みながら楽しむのも、シャトーの歴史を噛みしめる素敵な時間です。

一目でわかるのはグリュオ・ラローズ!

昔のぼってりとしたボトル入りで迫力満点です。

 

  • 1970CH.ベイシュベル(サンジュリアン)
  • 1978CH.グリュオ・ラローズ(サンジュリアン)
  • 1981CH.クロワゼ・バージュ(ポイヤック)
  • 1982CH.クレール・ミロン(ポイヤック)
  • 1989CH.ピション・ロングヴィル・バロン(ポイヤック)
  • 1990CH.ローザン・セグラ(マルゴー)

 

ワインの詳細は店舗までお問い合わせください。

 

 

シャンパーニュ講座

 

毎度ご好評のYsワイン会。第16回は「夏突入!」ということで『シャンパーニュ』がテーマです。
当店で扱っているシャンパーニュのほとんどは、RM(レコルタン・マニピュラン)を中心とした小規模生産者のものとなっており、シャンパーニュと一言で言ってもその個性は様々。
今回は産地、品種、生産者の違いなどを踏まえて、5種類のシャンパーニュを飲み比べていただきながら、シャンパーニュの基礎を知っていただけるような会となっております。ご提供できるシャンパーニュの量に限りはありますが、皆様に十分楽しんでいただけるような量をご用意いたします。まずは「マグナムボトル(1,500ml)のブラン・ド・ブラン」で乾杯!!
また、5種類の辛口シャンパーニュを味わった後の締めとして、普段飲む機会が少ない、シャンパーニュで造られる甘口ワイン「ラタフィア」もご提供いたします。
「シャンパーニュ大好き!」「好きだけどよくわからない」「いろんなシャンパーニュを一度に飲んでみたい!」「ワインのある楽しい場が好き!」・・・という方はぜひともご参加ください!

毎度ご好評のYsワイン会。第16回は「夏突入!」ということで『シャンパーニュ』がテーマです。

当店で扱っているシャンパーニュのほとんどは、RM(レコルタン・マニピュラン)を中心とした小規模生産者のものとなっており、シャンパーニュと一言で言ってもその個性は様々。

今回は産地、品種、生産者の違いなどを踏まえて、5種類のシャンパーニュを飲み比べていただきながら、シャンパーニュの基礎を知っていただけるような会となっております。ご提供できるシャンパーニュの量に限りはありますが、皆様に十分楽しんでいただけるような量をご用意いたします。まずは「マグナムボトル(1,500ml)のブラン・ド・ブラン」で乾杯!!

また、5種類の辛口シャンパーニュを味わった後の締めとして、普段飲む機会が少ない、シャンパーニュで造られる甘口ワイン「ラタフィア」もご提供いたします。

「シャンパーニュ大好き!」「好きだけどよくわからない」「いろんなシャンパーニュを一度に飲んでみたい!」「ワインのある楽しい場が好き!」・・・という方はぜひともご参加ください!

 

提供ワインリスト

  • 2002 ブリュット・ブラン・ド・ブラン1500ml/ ルネ・リョタ
  • NVカルト・ヴェル・グラン・クリュ ブラン・ド・ブラン / シャピュイ
  • NVカルト・ドール ブリュット / ヴーヴ・オリヴィエ
  • NVブリュット・リゼルヴ ランビタシオン / ユレ・フレール
  • NVブリュット ウィユ・ド・ペルドリ / ジャン・ヴェッセル
  • ラタフィア・ド・シャンパーニュ / ジャン・ヴェッセル

詳細とお申込みはこちらから

ワイズワインギャラリー銀座オフィシャル / ワインイベント

 

1  2

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。