ブルゴーニュワイン北から縦断シリーズ!第14弾「シャサーニュ・モンラッシェ会」が開催されました。

ワイズワインギャラリーが取り扱うワインで最も多いのが、このブルゴーニュのワインというこで、皆様にもっとブルゴーニュを知っていただきたい!そんな思いで始まりましたワイン会の第14弾「シャサーニュ・モンラッシェ会」が4月22日(土)に開催されました。
今回は「ブルゴーニュワイン北から縦断シリーズ」の最後の会、第14弾「シャサーニュ・モンラッシェ」です。
シャサーニュ・モンラッシェといえば、特級畑を3区画所有し、ムルソー、ピュリニー・モンラッシェと並ぶ白ワインの銘醸地です。3つの特級畑のうち「モンラッシェ」と「バタール・モンラッシェ」は前回のピュリニー・モンラッシェにまたがっており、「クリオ・バタール・モンラッシェ」はシャサーニュ・モンラッシェにだけある特級畑です。今回はその「クリオ・バタール・モンラッシェ」もご提供しました。
IMG_0397.JPG

提供ワイン (左から)
1. 2013 シャサーニュ・モンラッシェ(シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ)
2. 2013 シャサーニュ・モンラッシェ レ・ザンセニエール(エティエンヌ・ソゼ)
3. 2005 シャサーニュ・モンラッシェ1erCru(ルイ・ラトゥール)
4. 2009 クリオ・バタール・モンラッシェ(フォンテーヌ・ガニャール)
5. 2013 シャサーニュ・モンラッシェ ルージュ(フォンテーヌ・ガニャール)
6. 2013 シャサーニュ・モンラッシェ1erCru クロ・サン・ジャン ルージュ(フォンテーヌ・ガニャール)

IMG_0402.JPG
シャサーニュ・モンラッシェのワインの特徴やピュリニー・モンラッシェのワインの違い、試飲していただいた「クリオ・バタール・モンラッシェ」の場所などについて説明し、また、ピュリニー・モンラッシェと異なり、シャサーニュ・モンラッシェでは赤ワインも作られているため、シャサーニュ・モンラッシェの赤ワインの特徴についても説明しました。

IMG_0403.JPGIMG_0408.JPG
ルイ・ラトゥールのシャサーニュ・モンラッシェ1erCruは生産者特有の樽をしっかり効かせた造りで、お好きな方とそうでない方に分かれたようでした。フォンテーヌ・ガニャールの1erCru クロ・サン・ジャン ルージュはシャサーニュ・モンラッシェの赤ワインらしく優しい造りでピノ好きの方は特に気に入られたようでした。
IMG_0411.JPGIMG_0416.JPG

最後にいつもように「今日、お気に入りのワインを2つ教えてください」と質問。
一番人気は特級の「クリオ・バタール・モンラッシェ」。次いでルイ・ラトゥールの「シャサーニュ・モンラッシェ1erCru」でした。意外にも一番と二番が僅差で、三番目に人気の高かった「1erCru クロ・サン・ジャン ルージュ」を選んだ方も多くいらっしゃいました。

ブルゴーニュワイン北から縦断シリーズ!全14回、大好評のうちに終了いたしました。
来月からはシャンパーニュの会を開催します。第一弾は基礎編として5月27日(土)に開催予定ですが、こちらは残念ながら満席となっております。
6月24日(土)開催予定の第二弾「ド・スーザ・スペシャル」はまだ空きがございますので、参加希望の方はお早めにお申込みくださいませ!

このブログ記事について

このページは、ワイズワインギャラリーが2017年4月28日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月17日からのお勧めワイン」です。

次のブログ記事は「シャンパーニュ会!第1弾「基礎編」が開催されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。