8月26日開催「アンドレ・クルエを飲み尽くす会」にさきがけて・・・

人気の高いアンドレ・クルエ特集

アンドレ・クルエ ANDRE CLOUET
モンターニュ・ド・ランスの100%格付けのグラン・クリュ「ブージー村」「アンボネイ村」は言わずと知れたピノ・ノワールの優良産地でありアンドレ・クルエは、その地において極上のシャンパーニュを造る生産者です。
両親が所有するブージーと隣村のアンボネイに約8%の斜度がある最上の畑から収穫された葡萄のみを使用します。
クルエ家の先祖はかつて、ルイ16世やナポレオンの側近として遣えており、ナポレオンから譲り受けた領地で葡萄栽培やワイン造りをスタートさせたとジャン・フランソワは語ります。
代々、ピノ・ノワールから造るスティル・ワイン、ブージー・ルージュを造るメゾンでしたが現当主ジャン・フランソワの祖父アンドレ・クルエがシャンパーニュを造りはじめました。
表記は無くともグラン・クリュ・・・のお話は有名です。
ボランジェとの確執などから、エチケットデザインの変更をやめているため、今でもエチケットのデザインを一切変えられずGurand Cruの表記を入れていないという経緯があります。

当店の品揃えは下記のアイテムでございます。(特別に表示のないボトルは750mlです)

49714.jpg2006ル・クロ グラン・クリュ ブラン・ド・ノワール 1,500ml】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001521/
ル・クロは驚くほど輝き、香りや味わいに花系のアロマが感じられます。
ストラクチャーにはピノ・ノワールの特徴が現れ、時間とともに洋梨や花、スパイスやアニスの香りが漂う。
非常に繊細。熟成させてみるのも楽しみです。
49752.jpg2008ミレジム ブリュット】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001520/
熟したリンゴの蜜が詰まった芯に近い部分を思わせる芳醇なアロマ。
白い花やオレンジ、ブリオッシュの中に微かな野生的なムスクの様なニュアンス。
泡はキメ細かく滑らかで力強く、葡萄の味の濃さがストレートに伝わります。
様々な要素が調和しており、今から充分にお楽しみ頂けますが、まだまだ熟成も期待できます。
49554.png【2002ミレジム・ブリュット】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001503/

熟したリンゴの蜜が詰まった芯に近い部分を思わせる芳醇なアロマ。
白い花やオレンジ、ブリオッシュの中に微かな野生的なムスクの様なニュアンス。
泡はキメ細かく滑らかで力強く、葡萄の味の濃さがストレートに伝わります。
様々な要素が調和しており、今から充分にお楽しみ頂けますが、まだまだ熟成も期待できます。

49745.jpg【NVアン・ジュール・ド・1911 ブラン・ド・ノワール】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001519/
リッチでテクスチュアがあり豊かなシャンパーニュ。ピノの表現力豊かな香りの層がグラスからはち切れんばかりに広がる。
最初から最後まで決して終わらない、口の中をを愛撫するような果実味の波は魅惑的なスタイルで、衝撃的な深さや透明感、そして厳格さを備えており、まさに白亜質のニュアンスが崇高なフィニッシュ
49738.jpg【NVグランド・レゼルヴ ブリュット ブラン・ド・ノワール】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001518/
NVのブリュット、グランド・レゼルヴはシルキーで中程度の重さの骨格を持った素晴らしい長さと、洗練された
繊細な泡の上にミネラルで満たされた赤系果実の層が感じられる。
この非の打ちどころのないエレガントなワインは複雑性と同様に物凄い全体のバランスを示している。
49707.jpg【NVシルバー ブリュット・ナチュール ブラン・ド・ノワール】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001517/
シルヴァー・ブリュット・ナチュールNVはノン・ドサージュに特化した非常に躍動的なシャンパーニュだ。
素晴らしいニュアンスと奥深さを長いフィニッシュに至るまで見事に表現している。
泡立ちから余韻に至るまでがとても優雅で非の打ち所がない。
49721.jpg【NVブリュット・ロゼ】
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001522/
アンドレ・クルエではロゼを造る際、ブジー・ルージュをブレンドするアッサンブラージュ法を用いる為、
ブジー・ルージュのヴィンテージ毎のキャラクターの影響を受けやすく、アンドレ・クルエの他のキュヴェに比べ
毎年微妙な香りや味わいの変化があります。












このブログ記事について

このページは、ワイズワインギャラリーが2017年8月 9日 15:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルーノ・パイヤールの本家にあたる名門RMから」です。

次のブログ記事は「シャンパーニュ会!第4弾「アンドレ・クルエ編」が開催されました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。