ワイズワインギャラリーのスタッフブログです。

今週のお勧めワイン

今週のお勧めワインです。

45044.jpg2004シャトー・メイネイ(サン・テステフ)
45112.jpg2009ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ルフェール(マルク・モレ)
45273.jpg2008ヴァルテッリーナ・スペリオーレ・リゼルヴァ・インフェルノ

よろしくお願い申し上げます。





こんにちは、すっかり秋めいてきましたね。
街はすでに、ハロウィーンからボージョレー解禁、そしてクリスマスにお正月、、、これから、パーティーシーズンへと突入前に「泡ファンの皆様、お待たせしました!」ということで10月22日(木)にシャンパーニュの会を開催しました。

IMG_1184.JPG

今回のラインナップは

IMG_1196.JPG

1.NVブラン・ド・ブラン アンボネイ グラン・クリュ(ティエリー・ウリー) ¥6,000
2.NVブラン・ド・ノワール アンボネイ グラン・クリュ (ティエリー・ウリー)¥6,000
3.2008キュヴェ・アンジェリーヌ (Jラサール)¥8,500
4.2008レ・ヴィーニュ・ド・ドルフォア ブラン・ド・ノワール (ラエルト・フレール)¥7,480
5.2008スペシャル・クラブ ミレジム・コレクション ( ピエール・ジモネ) ¥11,500 
6.NVラタフィア ルージュ (セレック)¥4,400 
7.NVブラゾン・ロゼ (ペリエ・ジュエ) ¥9,600 
税別価格はずべて税別です

まずは同じ生産者で葡萄の品種違いの1番と2番からから飲み比べです。

IMG_1155.JPG specer_4.gif IMG_1174.JPG

人気グランクリュらしいアンボネイのミネラル感を感じるブラン・ド・ブランに果実味を感じるリッチなボディのブラン・ド・ノワール。改めて飲み比べると違いも好みも別れる味わいです。

次に、同じビンテージで生産者、セパージュが違う物3種類、3番から5番をを飲み比べです。
中でも美味しいと評判だったのが3番のキュヴェ・アンジェリーヌ!女性ならではの可憐な花のような香りとふくよかな果実味。
何年かに1度の素晴らしい年にだけ作られるこの特別なキュヴェに皆さん、大絶賛でした!

そして、最後にペリエ・ジュエのロゼシャンパーニュ。アネモネの花のベルエポックは女の子の憧れシャンパーニュとして有名ですが、ブラゾン・ロゼも、もちろんペリエ・ジュエの自信作なんです。
ベル・エポックより以前から販売されていたブラゾン・ド・フランス(フランスの勲章)というシリーズの中で唯一、今日まで残されているロングヒット商品。
ぜひ、この機会に皆さんに知っていただきたいとチョイスしました。ベリーの甘く豊かな香りと、バラのようなアロマが口いっぱいに広がります。グラスの中のピンクのシャンパーニュは何だかテンションがあがりますね!

シャンパーニュ会と言う事で今回は、甘口のシャンパーニュ「ラタフィア」も味わって頂きました。

IMG_1158.JPGNVラタフィア ルージュ

ラタフィアって何?と言う方の為に少しお話ししますと、ラタフィアは収穫直後のぶどう果汁にアルコールを添加し、発酵を停止させた酒精強化ワインです。このトロッとした甘さは添加した糖分ではなく、ぶどう果汁本来の甘さ。ヨーロッパ各地で似たような酒精強化ワインが作られていますが、ラタフィアと言うとブルゴーニュとシャンパーニュが一般的です。
普段、シャンパーニュ好きの方が手に取らないと思われる、この「ラタフィア」。おうちで頂くなら食後酒がおススメ。アイスクリームにかけたり、ビターなチョコレートに合わせたりと用途は無限ですがアルコール度数18%なので、飲み過ぎにはお気をつけください。

そして最後に、ワイズワインギャラリー7周年&ご参加いただきました皆様に感謝の気持ちを込めて「NV シルバー・ナチュール ブランドノワール (アンドレ・クルエ) マグナムボトル」を特別にご提供いたしました!

IMG_1197.JPG

河又店長がポンっと開けると、拍手喝さいとなりました!

IMG_1192.JPG

恒例の人気投票は、1位 NV シルバー・ナチュール ブランドノワール
同率で2位 2008キュヴェ・アンジェリーヌ
2位 2008スペシャル・クラブ ミレジム・コレクションという結果でした。
さあ、ここでご紹介させていただきました、飛び切り美味しいシャンパーニュ。
今ならワイズワインギャラリー7周年記念で20%OFFなんです!
このセール10月いっぱい。気になったら、ぜひワイズワインギャラリーへ!

恒例企画の第10弾ブルゴーニュワイン会は「ポマール会」は11月26日に開催。
そして第11弾の「ヴォルネイ会」も12月17日開催にて予約を開始いたしました。
イヴェントの詳細はこちら
ご興味のあります方は、店舗までご連絡ください。
お問合せ先電話番号:03-6228-6081
ポマール会のオンライン申込みはこちら

今週末のお勧めワイン

今週末のお勧めは、こちらのワイン&シャンパーニュです。
(店頭でのお買い上げならスピードくじが洩れなくついています。)

45419.jpg
2009レ・シェティヨン 1,500ml 
(ピエール・ペテルス)
45105.jpg
1982ヴォルネー・プルミエ・クリュ・キュヴェ・
ジェネラル・ムトー(オスピス・ド・ボーヌ)
45358.jpg
1986シャトー・ラ・ラギューヌ(オー・メドック)


よろしくお願い申し上げます。

ワイズワインギャラリーが取り扱うワインで最も多いのが、このブルゴーニュのワインというこで、皆様にもっとブルゴーニュを知っていただきたい!そんな思いで始まりましたワイン会の第8弾が9月24日(土)に開催されました。
前回の「ニュイ・サン・ジョルジュ」でコート・ドール北半分のコート・ド・ニュイが終了し、今回からは南半分のコート・ド・ボーヌ。
コート・ド・ボーヌの最初はコルトン丘陵エリアです。このエリアは、アロース・コルトン村、ペルナン・べルジュレス村、ラドワ・セリニィ村にまたがっています。
グラン・クリュの"コルトン・シャルルマーニュ"はコート・ドールの中でも最高峰の白ワインとして知られています。
もうひとつのグラン・クリュ"コルトン"は大半がピノ・ノワールから作られる赤ワインで、コート・ド・ボーヌで唯一の赤ワインのグラン・クリュです。
今回はブルゴーニュ白の当たり年「2007年」のコルトン・シャルルマーニュと熟成飲み頃「2000年」のコルトンを含む5種類のワインを飲み比べていただきました。

IMG_1018.JPG IMG_1021.JPG

提供ワイン (左から)
1. 2013 ペルナン・べルジュレス・ブラン(フランソワ・ジャニアール)
2. 2007 コルトン・シャルルマーニュ(ルイ・ラトゥール)
3. 2012 ペルナン・べルジュレスV.V. ルージュ(フランソワ・ジャニアール)
4. 2012 アロース・コルトン1erCru ラ・トプ・オー・ヴェール(ティボー・リジェ・ベレール)
5. 2000 コルトン クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サン(ルイ・ラトゥール)

IMG_1024.JPG
IMG_1027.JPG3つそれぞれの村の特徴や地質について説明し、また、今回提供するワインの畑の場所についても地図を使って説明し、それぞれのワインを試飲していただきました。また、今回提供する5番目のワインは16年も熟成したもののため、少しずつ提供し、ボトルの上の方、中央部、下の方での味わいの違いを試していただきました。

最後にいつもように「今日、お気に入りのワインを2つ教えてください」と質問しようとしましたが、参加した皆さんの反応を見て、ほとんど全員2007年コルトン・シャルルマーニュと2000年コルトンを気に入っているようでしたので今回は質問はしませんでした。やはりグラン・クリュは大人気ですね!!

第8弾!北から縦断シリーズ!ブルゴーニュワイン「コルトン会」も大好評のうちに終了いたしました。
次回、第9弾ブルゴーニュワイン会「ボーヌ会」は残念ながら、すでに満席になっております。。。申し訳ございません。
第10弾も近日中に案内を開始しますので、もうしばらくお待ちください。

本日はワイズワインギャラリーの大人気企画、ブルゴーニュワインを知るシリーズワイン会の第7弾「ニュイ・サン・ジョルジュ会」についてお伝えします。
ニュイ・サン・ジョルジュ村には特級畑はありませんが、多くの一級畑があります。
ニュイ・サン・ジョルジュのワインは生産者や畑によって様々で、北側はヴォーヌ・ロマネ村と地続きのため、エレガントでスケールの大きいワインが生まれます。南側は果実味とボディのしっかりしたワインが生まれます。

IMG_0856.JPG

 珍しいニュイ・サン・ジョルジュの白!
1.2013ニュイ・サン・ジョルジュ ブラン (ロベール・シュヴィヨン)

2.2012ニュイ・サン・ジョルジュ VV (ロベール・シュヴィヨン)
3.2012ニュイ・サン・ジョルジュ ラ・シャルモット (ティボー・リジェ・ベレール)
4.2012ニュイ・サン・ジョルジュ 1erCru レ・プリュリエ (アンリ・グージョ)
 グラン・クリュに匹敵!

5.2013ニュイ・サン・ジョルジュ 1erCru レ・サンジョルジュ (フェヴレ)

早速、白ワインから、テイスティングです。

2013ニュイ・サン・ジョルジュ ブラン (ロベール・シュヴィヨン) 】
IMG_0858.JPG

ロベール・シュヴィヨンの赤ワインはいずれもその高い樹齢がもたらす濃密感や緻密さ、長期熟成のポテンシャルが高いのが特徴です。 特級をもたないニュイのスペシャリストのため、これまではさほど顧みられることはなかったが、ここ数年の間に人気は鰻上りとなっていることが納得の高品質ワインでした。

【2012ニュイ・サン・ジョルジュ VV (ロベール・シュヴィヨン)】

IMG_0859.JPG

次に、2012年ニュイ・サン・ジョルジュ、生産者は白ワインと同じくロベール・シュヴィヨン。


【2012ニュイ・サン・ジョルジュ ラ・シャルモット (ティボー・リジェ・ベレール)】
IMG_0860.JPG

次に、ウージョ会にも登場したおぼっちゃまディボー氏のニュイ・サン・ジョルジュの赤ワインです。プルミエ・クリュの境界線沿いにあり、アペラシオンの北側に位置します。
名前の通りヴォーヌ・ロマネの魅力"charme"を備え、バラやすみれのような華やかなで上品香りとニュイ・サン・ジョルジュの骨格を備えています。 自然派のティボーはSO2も抑え目であり、2012年にしてオレンジのエッジがかかり、熟成感が楽しめる1本でした。

【2012ニュイ・サン・ジョルジュ 1erCru レ・プリュリエ (アンリ・グージョ)】
IMG_0861.JPG

もはや伝説の域に達したブルゴーニュを代表する偉大な指導者、ドメーヌ・アンリ・グージュ。
これぞニュイ・サン・ジョルジュというべき、限りなく深く濃厚なワインが出来るのが、"レ・プルリエ"とのこと。同家では、樹齢70年の古木に若い12年の区画をブレンドすることで、ワインに新鮮な果実としなやかさを与えています。1.63ha、東向きの斜面を持ち、茶系石灰岩の表面にくすんだ青色、赤褐色の沈泥に覆われた土壌。味わいはフルで力強く濃厚だが、同時に、スパイス、土、鉄、草木のニュアンスが印象的なワインでした。


【2013ニュイ・サン・ジョルジュ 1erCru レ・サンジョルジュ (フェヴレ) 】

IMG_0854.JPG


いよいよ、ニュイ・サン・ジョルジュのグラン・メゾンであるフェヴレです。現在フェヴレ社と率いるのは、エルワン・フェヴレ。若干25歳でメゾンを引き継ぎ、即改革を断行し、長年寝かせて初めて花開く典型的な長期熟成型のワインを、比較的早いうちに飲み頃を迎え、かつ長期の熟成もでき得るワインへとスタイルを変えました。今回のワイン会でも人気投票は断トツの1位。香りを取った瞬間、皆さんの顔つきが変わったのが印象的でした。ニュイ・サン・ジョルジュで最もグランクリュに近い一級畑レ・サンジョルジュ。グランクリュになってしまう今が買い時なのかもしれません!?

次回、第8弾ブルゴーニュワイン会はボーヌへ突入。9月24日(土)「コルトン会」です。
ペルナン・ヴェルジュレスやアロース・コルトンもご提供します。
最高峰の白ワインを再確認するまたとないチャンスです。この機会にぜひコルトンの魅力を再発見して下さい。
詳しくはこちらから



新着ワイン情報

新着ワインです。
アンリ・リシャールは、ビオディナミでジュヴレ・シャンベルタン村の公的機関の認証を得ている数少ない生産者。
2アイテムが入荷しました。
44658.jpg

2014コトー・ブルギニヨン コルヴェ・デ・レグリーズ(アンリ・リシャール)
価格 : 3,700 円(税込3,996 円)
ご購入はこちら


44665.jpg

2013ジュヴレ・シャンベルタン オー・コルヴェ(アンリ・リシャール)
価格 : 7,900 円(税込8,532 円)
ご購入はこちら



新着ワイン情報

8月4日現在、新着ワイン情報です。
アメリカ・カリフォルニアのワインが2種類。
44702.jpg2013ヒルデガード ホワイトワイン(オーボンクリマ)
価格 : 5,800 円(税込6,264 円)
ピノグリ50%、ピノブラン30%、アリゴテ20%
ご購入はこちら
コルトン・シャルルマーニュにもその名を残すシャルルマーニュ大帝の妻の名ヒルデガードと白ワインの逸話にちなんで命名されました。かってコルトンの丘には、シャルドネだけでなく、この3つの品種が植えられていたという話にヒントを得て、作り始めたのがこちらのワインです。

44719.jpg

2012カベルネ・ソーヴィニヨン(ドメーヌ・エデン)
価格 : 5,800 円(税込6,264 円)
カベルネソーヴィニヨン75%、メルロー14%、カベルネフラン6%、プティヴェルド4%、マルベック1%
ご購入はこちら
カリフォルニアで最も偉大なワインの作り手のひとつサンタクルーズマウンテンのマウント・エデンが手がける別ブランド。葡萄はマウント・エデンの畑、ドメーヌ・エデンの畑と、近隣のサラトガとロス・ガトスにある優良な3つの畑をブレンド。醸造はマウント・エデンと同様。全てのロットを別々に醸造し、後にブレンド。
マウント・エデンがソロ・シンガーであれば、このカベルネは合唱。いろいろな要素があわさり、サンタ・クルーズ・マウンテンの特徴を描き出す。
よろしくお願い申し上げます。

ワイズワインギャラリーが取り扱うワインで最も多いのが、このブルゴーニュのワインというこで、皆様にもっとブルゴーニュを知っていただきたい!そんな思いで始まりましたワイン会の第6弾が7月23日(土)に開催されました。今回はブルゴーニュの中で特に人気の高い村の一つ「ヴォーヌ・ロマネ」です。ワインを飲まない人でも知っている、あの有名な「ロマネ・コンティ」も有する村です。
ヴォーヌ・ロマネのワインはエレガントなのにも関わらず、力強さも持ち合わせていて、奥行きがあるという点が大きな特徴です。
今回は特級「エシェゾー」を含む4種類のヴォーヌ・ロマネのワインを飲み比べました。また、赤ワイン以外にブルゴーニュ地方の同じ白ワインをヴィンテージ違いで2012年と2013年のものを飲み比べていただきました。

IMG_0689.JPG

提供ワイン (左から)
1. 2013オート・コート・ド・ニュイ ブラン(ニコラ・ルジェ)
2. 2012オート・コート・ド・ニュイ ブラン(ニコラ・ルジェ)
3. 2013ヴォーヌ・ロマネ (デゾネイ・ビセイ)
4. 2012ヴォーヌ・ロマネ (ドメーヌ・デ・ペルドリ)
5. 2012ヴォーヌ・ロマネ PC レ・ボーモン(ルネ・カシュー)
6. 2009エシェゾー アン・オルヴォ (ドメーヌ・ローラン)



IMG_0707.JPG
IMG_0737.JPG
IMG_0745.JPG

それぞれのワインの生産者について説明し、また、それぞれのヴィンテージの特徴も説明し、その違いを確かめていきました。また、ヴォーヌ・ロマネ村には「ロマネ・コンティ」や「ラ・ターシュ」など有名な特級畑がいくつかありますが、それらの畑の特徴や所有する生産者についても説明しました。
最後に「今日、お気に入りのワインを2つ教えてください」と質問すると、「2つに絞れない!」という声が多くあったため、今回はお気に入りワイン3つを教えていただきました。
その結果は、
1位 2009エシェゾー アン・オルヴォ(ドメーヌ・ローラン)
2位 2012ヴォーヌ・ロマネ(ドメーヌ・デ・ペルドリ)
同じく2位 2012ヴォーヌ・ロマネ PC レ・ボーモン(ルネ・カシュー)

1位のエシェゾーは全員がお気に入りと答えました。やはり特級畑は人気ですね。
続く2位はいずれも2012年のワインでした。グレートヴィンテージである2012年も人気が高いですね。
第6弾!北から縦断シリーズ!ブルゴーニュワイン「ヴォーヌ・ロマネ会」も大好評のうちに終了いたしました。

次回、第7弾ブルゴーニュワイン会は「ニュイ・サン・ジョルジュ会」ですが、残念ながら、すでに満席になっております。。。申し訳ございません。
第9弾「コルトン会」は9月24日(土)は近日お申し込み開始致します!ご興味のあります方はお早めに店舗までご連絡ください。

シャンパーニュ最新入荷情報

シャンパーニュ最新入荷です。
芸術肌とされるパスカル・アグラパールが手掛けるキュヴェです。

NVコンプランテ エクストラ ブリュット・グラン・クリュ
本体価格:12,000円 (税込:12,960円)
ご購入はこちら

シャンパーニュの銘醸地、アヴィーズ村の一区画に植樹された異なる品種を、「混植混醸(ゲミシュター・サッツ)」させて造られます。
現在は、シャンパーニュで使用されている3品種に加えて、「ピノ・ブラン」「アルバンヌ」「プティ・メリエ」の合計6品種がブレンドされています。

44504.jpg

2009ブラン・ド・ブラン ミネラル エクストラ ブリュット・グラン・クリュ
本体価格:14,000円 (税込:15,120円)
ご購入はこちら

アヴィーズ村(ステンレスタンク醸造)とクラマン村(樽醸造)の特に「石灰質が強いパーセル」から造られ、「ミネラル、フィネス」の表現がテーマとなっています。
硬質で締まった味わいが特徴で、熟成により「モカ」や「トースト」などの複雑な味わいをお楽しみいただけます。
44511.jpg

2009ブラン・ド・ブラン アヴィゾワーズ エクストラ ブリュット・グラン・クリュ
本体価格:20,000円 (税込:21,600円)
ご購入はこちら

シャルドネの聖地アヴィーズ村の丘に根を張る、樹齢50年にも及ぶ古樹から造られたミレジメが、こちらの「アヴィゾワーズ」です。
畑は粘土粘土質で、表土が厚い土壌を持ち、常に骨太でリッチな味わいを感じさせます。
44528.jpgよろしくお願い申し上げます。

最新入荷情報

7月の入荷情報 

2014ヴォーヌ・ロマネ(フィリップ・パカレ) 
15,800円(税別) 商品詳細とご購入はこちら
自然派ワインの代名詞とも言われるフィリップ・パカレ。繊細なピノ・ノワールにテロワールの特徴を密に反映させ、造り出される純度の高い味わい。エレガントさの中にしかっりとしたパカレスタイルが感じられます。
44320.JPG


2014ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ショーム(フィリップ・パカレ)
22,800円(税別) 商品詳細とご購入はこちら 

自然派ワインの代名詞とも言われるフィリップ・パカレ。繊細なピノ・ノワールにテロワールの特徴を密に反映させ、造り出される純度の高い味わい。1級畑ヴォーヌ・ロマネ レ・ショームは、ニュイ・サン・ジョルジュに隣接するマルコンソールとクロ・デ・レアの間に位置する区画。東向きの粘土石灰質土壌が特徴です。
44337.JPG



2000コルトン クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サン(ルイ・ラトゥール)
9,800円(税別) 商品詳細とご購入はこちら

今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ「コルトンの帝王」と称されています。クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンは、チョーク質の強い土壌のため、他の特級にくらべてデリケート。畑はほとんどルイ・ラトゥールの単独所有(もうひとりは、ドメーヌ・アドリアン・ベラン)
44467.JPG



2007コルトン・シャルルマーニュ(ルイ・ラトゥール)
21,000円(税別) 商品詳細とご購入はこちら

コルトンの大地主で絶対的品質のワインを造るルイ・ラトゥール。
19世紀後半、フィロキセラでやられたコルトンの丘に ピノ・ノワールの代わりとしてシャルドネを植え替え、 後にブルゴーニュの2大白ワインとされる『コルトン・シャルルマーニュ』を誕生させました。傑出した上品な酸味、そして適度なミネラルが、切れ味を引き立てます。
44450.JPG

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11