2 WINEの最近のブログ記事

やっと雨が降ってきたと思ったら、
今回の雨は台風(しかもゆっくり!!)の影響なので強風もともなっているのですね・・。
こんなお天気の日は店舗も空いています。

ワイズワインギャラリーでは、前にも記事に書いたとおり
ワイズマイレージカードがございます。
このカード、地下試飲やイベント参加でどんどんスタンプがたまります。
もうすでに、4、5枚目に突入されているお客様もいらっしゃいます。
このカード、1枚たまるとデイリーワイン1本をプレゼントいたしますので
かなり、ハイリターンです!!

13_4_16.JPG

ちなみに雨の日はスタンプ2倍です。
雨の日はゆったりとテイスティングカウンターとスタッフ独り占めにできる可能性が高いです。
梅雨、台風のこの時期、皆様どうぞお立ち寄りくださいませ。
お待ちしてまーす。


☆スパークリングワイン飲み比べ☆

梅雨入りと思うと、しばらく雨は降らない・・・。
毎年そんなことを感じている気がします。
以前にも書きましたが、
泡モノ(そう、シャンパーニュやカヴァやクレマンやランブルスコやあれやこれや)の消費量が増えてゆく季節がやってまいりました。
様々な品種により、世界各地で、
これまた多様な方法であのシュワッという泡を造りだしているスパークリングワイン。


今回、ワイズワインティスティングでは、この夏を吹き飛ばす!!
爽快スパークリングワインの飲み比べを開催いたします!!
しかも、今回はブルゴーニュ編です!!
ということは、品種はピノノワールとシャルドネ中心。
そして、瓶内二次発酵でつくられる泡。
味わいは、生産者さんによって全く違います。

ドミニクローランさんやヴィンテージのスパークリングワインもチョイスしました。
テイスティングアイテムなどはこちらをご覧ください

9日→http://www.yswinegallery.com/info/event/2013/06/81.html

10日→http://www.yswinegallery.com/info/event/2013/06/82.html


■□組み合わせて2本で3,360円!■□

昨日、今日は東京はとても暖かくてお散歩日和ですね。
この週末は天気が崩れてしまうそうですが、残りわずかに咲いている桜の花も
散ってしまうのでしょうか?
桜が終わればツツジの出番ですね。
根津神社のツツジなんかは有名ですよね。
谷中銀座商店街も、楽しくてついついメンチカツを買ってしまったり・・。

13_4_05_3.JPG

今の時期からは、野外で飲む機会も増えてきますよね。
前にもご紹介した割れないワイングラスや、
スクリューキャップのワインなども大活躍してくれそうです。
皆でワイワイ集まった時にオススメなのは
ワイズワインギャラリーのワインセットです。
皆さまの投票で決まったベストセレクション12本セットや
白のみセット、赤のみセット、スパークリング6本セットなどなど
様々な場面に合わせて楽しんでいただけるようにセットを組みました。
近日中にもBBQセットなど、ワインを厳選しておつくりしたいと思っています。
オンラインから詳細がご覧になれます。
http://www.yswinegallery.com/ec/products/list.php?category_id=34

店頭でも、デイリーワイン数十種類以上(泡、赤、白、ロゼ、甘口)の中から
お好きに組み合わせれば2本で3,360円で販売しております。
銀座方面にお越しの際にはお店にもお立ち寄り下さい。

 デイリーワイン

 


☆デザートワイン特集してます☆

甘口ワイン、というと皆さまなにを思い浮かべるでしょうか?

甘口ワインとひとくくりに言っても、味わいは様々。つくり方も様々です。貴腐がついたブドウから造られるものもあれば、収穫後、ブドウを干してつくる方法などもあります。
糖度を上げて醗酵させられるのでその醗酵速度は遅く、通常の赤ワインなどでは1週間、長くても2週間程度で終わる醗酵は数カ月、イタリアのヴィンサントなどでは1年に及ぶこともあるそうです。
栓を開けてからも、急激に味わいが落ちてゆくことはないので、ナイトキャップとしてもお楽しみ頂けます。

ワイズワインギャラリーでは2月の甘ーいヴァレンタインというイベントに合わせて甘口ワインを集めました。
その中から、まずはご紹介です。

●シャトー スデュイロー
甘口ワインといえば、フランス・ボルドーの貴腐ワイン!!
こちらはその最高傑作シャトーデュケムのお隣の畑で造られているシャトースデュイロー。
隣接しているから、品質もいいはず!?なんて言うつもりはありません。
むしろ、シャトーディケムが君臨するが故にえてして評価の厳しくなってしまう貴腐ワインのなかで、すばらしい凝縮された複雑な甘み、蜂蜜の風味とエキゾチックなフルーツのニュアンス、酸味を併せ持つリッチで余韻も長い甘美な味わいです。
しかも、余すところなくそのポテンシャルを発揮しているとワイン界の巨人に言わしめた1989ヴィンテージです。
甘口ワイン.JPG

●写真の左に写っているのは、オーストリアの名門エスターハージのデザートワインです。
白桃やアプリコットの香りが特徴的で、綺麗な酸味が通っているので、非常に洗練された印象を受けます。前述のシャトースデュイローに比べると、ややすっきりとした味わいの甘口ワインとなります。

o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o。。o○゚+.(☆)゚+.○o○゚+.(☆)゚+

今回スタッフおすすめなのがこの天使のラベルの甘口微発泡!!

IMG_9186.JPG

●エレクトラ オレンジマスカット / クアディーワイナリー
多くの人の要望に応える形で日本に輸入されるようになったこの甘口ワイン。
低アルコールで微発泡!爽やかな柑橘の香りとアールグレイの紅茶の様なベルガモットの香り。しかも発泡性があるので、口の中で溌剌と味わいが広がってゆきます!!
お酒を飲みなれない方も、飲みなれている方も。
この新鮮で、快適な飲み心地の甘口ワインの美味しさには驚きが待っていると思います。
食後にも、ピクニックなど野外で飲んでも美味しいワインです。
ラベルもとっても素敵ですよね。プレゼントとしてもとっても喜ばれそうです!!

上記以外にも、まだまだ何種類もご用意しております。
銀座方面にお越しの際には、お気軽にお立ち寄り下さいませ。


★天使の取り分★

いよいよ成人式ですね!
人は、年月を経ることによって、成長し、大きくなってゆきますが、
ワインは保存状態の良い環境のなかでも瓶の中でほんのすこしずつ蒸発して減ってゆきます。
ワインボトルのネックの部分の液面の容量だと大体、1年間で約1mm程度だそうです。
ということは10年で1cmほど。
微々たる量ではありますが、減っていることには間違いありません。

とはいえ、樽で熟成している時はもっと蒸発する量が多いのです。
(ワインに限らず)ワインやブランデーが樽で熟成している時に減ってゆく分を天使の取り分といいますが、木製の樽だと、1年間に1~4%程は蒸発してしまうそうです。ワインだとこの蒸発した分をまた、同じワインで補充する、という作業もありますが。
例えばコニャック地方では大体1日にボトル2万本分の「天使の取り分」が蒸発してなくなっているそうですよ・・・。

ワイズワインギャラリーでは新成人を迎える方の為にご記念になるような生まれ年ヴィンテージワインを集めました。→http://www.yswinegallery.com/ec/products/list.php?category_id=138

 


新年明けましておめでとうございます。
年末、年始と皆さま、如何お過ごしでしたでしょうか?

ワイズワインギャラリーは1月4日より営業しております。

2012年の年末にご好評いただいたシャンパーニュフェアに引き続き、2013年も「泡」で華々しく乾杯!泡福袋をご用意いたしました。中には、シャンパーニュ11種類+イタリアのスプマンテ1種類の計12種類の「泡」のいずれか1本が入っています。

 01101.JPG

ところで、シャンパーニュのボトルの底には深めの窪みがついています。レストランのソムリエさんがたまに、あの窪みに指を掛けてサーヴィスしてくれますが、通常のワインボトルよりもシャンパーニュのボトルは重く、かつ泡がたつのでゆっくり注意して注ぐので、慣れないうちは手が疲れます。ボトルを落としたらどうしよう・・・と何度も思ったことがあります。

気圧が高いので窪みをつけている、という話を聞いたことがありますが、
実はその窪みがないシャンパーニュボトルも存在しています。
それはルイ・ロデレールのプレステージシャンパーニュのクリスタルです。
ロシア皇帝・アレキサンドル2世が愛してやまなかったという逸品として有名ですが、
皇帝が飲んでいた当時は、甘口に仕立てられていました。
皇帝のためにクリスタル製のボトルにいれ、爆発物などの危険物が隠されないように底の窪みをなくしてつくられました。
まさに、皇帝のための「最古のプレステージシャンパーニュ」なのです。
ブドウは自社畑のグランクリュのみを使用、ルミアージュ(動瓶)も全て手作業、非常に高い品質への拘りから気の遠くなるような手間暇をかけて造られています。

シャンパーニュ愛飲家ならずとも、一度は飲みたいシャンパーニュ!!
ルイロデレールのクリスタル。

現在はクリスタルではなく、通常のガラス製のボトルに入れられ、ドサージュも8~10gと辛口に仕立てられています。

今年のワイズワインギャラリー新年くじ引き泡福袋(1袋3990円・限定100袋)には、クリスタル2004の他にもドンペリニヨン2002、などもお入れしました。
勿論、他の泡モノも3990円以上のものをお入れしてつくりましたので、けっして損はさせません!!
店頭とオンラインにて好評発売中です!!
オンライン→http://www.yswinegallery.com/ec/products/detail.php?product_id=667

 


☆モンドールとシャンパーニュ☆

クリスマスも近ずくと、モンドールの季節ですね。実際には8月15日から製造されているので、熟成期間3週間を経て、9月中旬には食べることが出来るのですがやはりクリスマス、年末のチーズという気がします。とはいえまだ若い風味のモンドールも好きですが。
ミルクの濃厚な味と食感、スゥッと鼻に抜けてくる爽やかな香り、そして広がってゆく上品な甘みのある味わい。
相反する様な要素が楽しめる素晴らしいチーズですよね。
その、濃厚な味わいからなのか、しっかり赤ワインと勧められることも多いのですが、
私はシャンパーニュとの相性も抜群だと思います。
とくに熟成して柔らかくなったモンドールをテーブルに置いて、クラッカーや温野菜につけて御一緒に・・・。
ちょっとすくって、中身が少なくなったら、白ワインを少し入れて、モンドールの木箱をアルミホイルで包んでオーブンで焼けば、「FONDUE AU MONT D'OR」=黄金(モンドール)のチーズフォンデュとしてもお楽しみ頂けます。IMG_9021.JPG

「チーズには赤ワイン」と決めてしまわないで、シャンパーニュや、甘口ワインなんかともお楽しみ頂けたらと思います。赤ワインの搾りかすに漬け込んだチーズなんかもありますしね!!是非、色々な組み合わせを試してお楽しみください!!

まだ、シャンパーニュフェア「3本で10,800円」好評発売中です!!オンラインからも御注文頂けます。 http://www.yswinegallery.com/ec/products/list.php?category_id=133

勿論、甘口ワインも多数取り扱っております。おせちにも、意外とあいますよ。

 



パーティーシーズン真っ盛り!クリスマスの予定は決まりましたか?
さた、そんな季節のパーティへ持っていって間違いないのがシャンパーニュ!
当店ではそんな華やかで美味しいシャンパーニュ選びの参考にして頂くために、お得な企画をご用意しました。
地下試飲室にて、当店で販売しているRMシャンパーニュをなんと1杯500円で提供致します!

IMG_9014.JPGIMG_9013.JPG
通常は一杯1,000~1,500円ですから、かなりお得!なかなかシャンパーニュを飲み比べることは、無いと思いますのでこの機会をお見逃しなく!
シャルドネだけから作られた引き締まった酸のブラン・ド・ブラン、ふくよかな果実味を感じられるブラン・ド・ノワール。様々な味わいのシャンパーニュが8種程お選び頂ける予定です。
各ボトル飲み切り次第終了ですので、気になる方は早めにお越しください。

また、ただ今、絶賛開催中の年末シャンパーニュフェアも現在の店頭在庫を持ちまして終了となります。


1本5,000~のシャンパーニュが¥10,800/3本は大変お得です。まだ買いそびれている方は是非ともお早目のご来店をお待ちしております。

日時
12月17日(月)~19日(水)

場所
当店地下試飲室

 


スタッフお勧めワインが入荷しましたので、御案内いたします。

<ロベール・シュウ゛ィヨン>
2010ブルゴーニュ・ルージュ3,300円
2010ニュイ・サン・ジョルジュV.V.6,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ8,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ロンシエール8,000円
2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ9,900円

 ロベール・シュウ゛ィヨン

ニュイ=サン=ジョルジュにおける教科書的存在のドメーヌ
ニュイのアペラシオンの元ともなっている評価の高いクリマ、レ・サン=ジョルジュを始め、ヴォーヌ=ロマネ側からプレモー村までの代表的なプルミエ・クリュを計8区画、8ヘクタールにわたって耕作するドメーヌ・ロベールシュヴィヨンだが、広さ13ヘクタールのドメーヌの名声を高め、率いてきたロベールは2003年引退、現在は1990年より父ロベールと働いてきた、兄ドニと弟ベルトランの兄弟が運営する。
およそ300ヘクタールの広さがあるニュイ=サン=ジョルジュは、コート・ド・ニュイでジュヴレ=シャンベルタンに次ぐ大きなアペラシオン。その全体はニュイの町が広がるムザン川の扇状地により、ヴォーヌ=ロマネ側とプレモー側に大きく分けられ、ワインの風味、味わいも異なる。上にも記したようにドメーヌでは、ヴォーヌ側からプレモーの村までの主たるプルミエ・クリュからワインを生産しているため、そのテロワールの差異を如実に味わい知ることができる。ポートフォリオにはブルゴーニュACやアリゴテもあるものの、全てニュイのエリア内にあり、まさにニュイに特化したドメーヌといえる。


2010ブルゴーニュ・ルージュ3,300円
2010ブルゴーニュ・ピノ.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュV.V.6,000円
2010nui VV.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ8,000円
2010シェニョ.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ロンシエール8,000円
2010ロンシエール.jpg

2010ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・カイユ9,900円
2010カイユレ.jpg



2005バローロ・サント・ステファノ・ディ・ペルノ(ジョゼッペ・マスカレッロ)
希望小売価格13,500円  当店価格9,800円

偉大なワインであるバローロ。通常1万円を切ることのない素晴らしい銘柄がお値打ち価格で手に入りました。伝統的な造り手の1人、ジョゼッペ・マスカレッロ。しっかりとしたエキス分と複雑さがあり、年を経てエレガントに変化していく王道の味わいが楽しめます


2005バローロ・サント・ステファノ・ディ・ペルノ9,800円
2005バローロ.jpg

数に限りがございますので、ご希望の方はお問い合わせください。

★レ・ミゼラブル★

レ・ミゼラブルの映画がもうすぐ公開されますね。
小学生の時には、燭台を盗んだ男の人と神父さんの話だけだと思ってましたが・・・。
もっと長いお話だと知ったのは図書館で借りた「ああ無情」を読んだ時ですね。
今なお、世界中でミュージカルが多くの人を魅了し続けていますよね。

ヴィクトル・ユーゴーさんは
「神は水をつくった、しかしワインは人がつくった」という言葉も残しています。

ブドウをワインに醸造する、限りなく手を加えないという考え方の造り手さんも多いですが、そういった造り手さんほど健全なブドウのための畑仕事は欠かせません。人が手を掛ける、ということでこんなにも素晴らしい味わいのワインが出来るんですよね。

ちなみに、著者のヴィクトル・ユーゴーさんがこよなく愛したといわれているのがポマール村のワインです。
数世紀にわたりブルゴーニュを代表するワインとして位置付けられていたポマール。
繊細なピノノワールに親しみやすい土っぽい生命力を感じさせるこの土地のワインは
「ボーヌ地方のワインの花」とも讃えられていたそうです。

著者の愛したワインを飲みながら、
「レ・ミゼラブル」を読み返す。
寒い冬に、そんな時間の使い方が出来たら素敵ですよね。
私にはまだまだ、出来そうにはないですが・・・。

 

 

  

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2 WINEカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。