2017年2月アーカイブ

2月18日は、今回で12回目となるブルゴーニュ北から縦断シリーズ、今回のテーマは白ワインの銘醸地として有名な『ムルソー』です。

IMG_0231.JPG

今回のラインナップは以下の通り

IMG_0237.JPG

左から
2014ブルゴーニュ・ブラン (ド・ラ・ヴェル)
2014ムルソー (フローラン・ガローデ)
2011ムルソー1er Cruシャルム(ドメーヌ・ミシュロ)
2009ムルソー1er Cruジュヌヴリエール(ギー・ボカール)
2007ムルソー1er Cru (シャトー・ド・ムルソー)
2012ムルソー1er Cruペリエール(ミシェル・ブズロー)
2013ムルソー・ルージュ(ジャン・マリー・ブズロー)


ムルソーはコート・ド・ボーヌ最大の村で、昔からムルソーのワインの香りは「バターとヘーゼルナッツ」と表現されるように、まろやかで芳醇な味わいが特徴。以前はしっかりと樽をきかせた造りが多かったが、近年ではテロワールを重視し、酸とミネラルを大切にした造りも増えている。

IMG_0226.JPG
IMG_0234.JPG

最初に試飲したのはド・ラ・ヴェルのブルゴーニュブラン。ムルソーに多くの畑を所有するする生産者で、手頃な価格でムルソーに近い味わいを楽しめる。フレッシュなグレープフルーツやレモン、ライムの柑橘系の香りが特徴的で、ほのかに樽のニュアンスが加わる。アフターには火打石のようなミネラル感が残る。
2番目のワインは、フローラン・ガローデのムルソー。2008年が初ビンテージとなる新しい造り手。レモンやライムの柑橘系果実の香りに、熟したリンゴや白桃の香りが加わり、樽由来のヘーゼルナッツのような香ばしさも感じらたが、味わいはしっかりと酸が残っており、現代的なムルソーと言える。
3番目のワインは、ドメーヌ・ミシュロのムルソー1er Cruシャルム。グランクリュのないムルソーではプルミエ・クリュが最上の区画となる。その中での最も評価が高い御三家がシャルム、ペリエール、ジュヌブリエール。シャルムは比較的大きな畑で評価が高い。味わいは柑橘系のニュアンスに加え、火打石や石灰、濡れた石などのミネラルの要素が強く、アフターにも塩味やほろ苦さが残る。
4番目のワインはギー・ボカールのジュヌヴリエール。畑は隣接するペリエールと比べ石灰の量が少なく、やや粘土質が多いことが特徴。ボカールのワインの特徴はアルコール発酵の際に出た滓の上で熟成させる「シュール・リー」で、味わいにもパンの様な香ばしさやグレープフルーツの皮のようなニュアンスが感じられた。ビンテージが09年で程良い熟成感も楽しめた。
5番目のワインは重厚ボトルのシャトー・ド・ムルソー。畑名の記載が無く、複数のプルミエクリュのブレンド。香りはリンゴや白桃の熟したニュアンスに加え、ヘーゼルナッツやトースト、ブリオッシュのような香りも感じられる。アタックは力強く、アフターにも香ばしいニュアンスとほのかな甘みが残る。ブルゴーニュでは珍しくアルコール度数は14%。
6番目のワインはミシェル・ブズローのムルソー1er Cruペリエール。畑はジュヌブリエールと同じ斜面にあり、プルミエクリュ御三家の中でも最も評価が高い。色調が他のワインとは異なり、ややゴールドがかったイエロー。香りには洋ナシ、熟したリンゴの蜜、アプリコットや黄桃のような完熟したフルーツの香りが感じられ、ヘーゼルナッツやブリオッシュなどのニュアンス、濡れた石のミネラル感がありモンラッシェの特級畑を思わせる味わい。参加者の皆さまからも驚きの声が上がった。
最後のワインはジャン・マリー・ブズローのムルソー・ルージュ。赤ワインはムルソー全体で約3パーセントしか造られない。色調は淡い紫を帯びたルビー色。香りはラズベリーやイチゴなどのフレッシュな果実のチャーミングな印象。味わいもベリー系果実のフレッシュな味わいで、タンニンもまろやかで、余韻はやや短い。参加者からは生ハムやサラミに合わせて飲みたいという意見が多数だった。

IMG_0228.JPG
IMG_0227.JPG

最後にいつもの恒例の人気投票です。
一位はミシェル・ブズローの2012ムルソー1erCruペリエール。「ブルゴーニュ北から横断シリーズ」始まって以来初めて全員一致の一位でした。二位はギー・ボカールの2009ムルソー1erCruジュヌヴリエールとなりました。
今回もご参加いただき、ありがとうございました!!

3月25日開催の第13弾「ピュリニー・モンラッシェ会」は残念ながらすでに満席となりました。
第14弾の「シャサーニュ・モンラッシェ会」は4月22日(土)に開催します!参加希望の方はお早めにご連絡ください。
お問合せ先電話番号:03-6228-6081
オンライン申込み:
 http://www.yswinegallery.com/info/event/2017/02/-42216001800-3f-10-7020.html


1月28日は飲んで学べる!ブルゴーニュ北から縦断シリーズの第11弾「ヴォルネイ会」を開催しました。

IMG_0135.JPG
specer_4.gif
IMG_0139.JPG

今回のラインナップは下記のとおりです。

IMG_0122.JPG
1、2011ヴォルネイ1erCruシャンパン(ガニャール・ドラグランジュ)
2、2007ヴォルネイ1erCruクロ・デュ・シャトー・デ・デュック(ミシェル・ラファルジュ)
3、2009ヴォルネイ1erCruクロ・ド・ラ・ブスドール(プス・ドール)
4、2008ヴォルネイ1erCruクロ・デ・シェーヌ(フォンテーヌ・ガニャール)
5、2008ヴォルネイ1erCruレ・タイユピエ(ド・モンティーユ)


ヴォルネイと言えば、シャンボール・ミュジニィと並び、華やかで気品に満ちた赤ワインです。今回お試しいただいくワインは全て1級のワイン。2007年のものから2011年のものまで様々なヴォルネイをお楽しみいただけます。
まず初めは、ガニャール・ドラグランジュの2011ヴォルネイ1erCruシャンパン。ガニャール・ドラグランジュはシャサーニュ・モンラッシェに本拠地を置く名門のドメーヌです。そしてシャンパンはヴォルネイの中でも歴史が古く秀逸な畑と言われています。今回試飲いただくワインの中では一番若いもので、抜栓直後は皆さんの反応は薄かったですが、時間を置くとだんだん開いてきて、ヴォルネイらしい華やかな香りが出てきました。
2本目はミシェル・ラファルジュの2007年ヴォルネイ1erCruクロ・デュ・シャトー・デ・デュック。クロ・デュ・シャトー・デ・デュックはミシェル・ラファルジュが単独所有する畑です。10年の熟成を経たヴォルネーを堪能いただけました。
3本目はプス・ドールの2009年ヴォルネー1erCruクロ・ド・ラ・ブス・ドール。16世紀から続くこのドメーヌはポマール会で試飲していただいたダンジェルヴィルと並ぶヴォルネーのトップドメーヌの一つです。ドメーヌの名前ととて似ているクロ・ド・ラ・ブス・ドールという畑はドメーヌ・プス・ドール単独所有の畑です。今回試飲していただいたワインはブルゴーニュの良年の2009年だったこともあり、果実味のしっかりしたワインでした。
4本目はフォンティーヌ・ガニャールの2008ヴォルネー1erCruクロ・デ・シェーヌ。2008年のブルゴーニュ赤はとても難しい年でしたが、ヴォルネーやポマールなどコード・ド・ボーヌは良かったとされており、皆様このワインの熟成感とエレガントさにだいぶ満足されていたようでした。
5本目は河又店長おススメのワイン。ド・モンティーユの2008年ヴォルネー1erCru・レ・タイユピエです。モンティーユといえば、古典的なワインの醸造家として知られています。また、タイユピエはヴォルネーの中でも特に優れた畑として知られています。

IMG_0128.JPG
specer_4.gif
IMG_0137.JPG

最後にいつもの恒例の人気投票です。
一位は2007年ヴォルネイ1erCruクロ・デュ・シャトー・デ・デュック(ミシェル・ラファルジュ)。2位は河又店長おススメの2008年ヴォルネイ1erCruレ・タイユピエ(ド・モンティーユ)
となりました。

IMG_0140.JPG

今回もご参加いただき、ありがとうございました!!

2月18日開催の第12弾「ムルソー会」はすでに満席となりましたが、希望者が多いため、定員を増やして開催することが決定しました!参加希望の方はお早めにご連絡ください。
お問合せ先電話番号:03-6228-6081
オンライン申込み
 http://www.yswinegallery.com/info/event/2016/10/32ys.html

1

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。