ブルーノ・パイヤールの本家にあたる名門RMから

シャンパーニュで最もパワフルなピノ・ノワールの産地として名高いブジーの老舗
所有畑は全てブジーであり、しっかりとした骨格の濃密な果実の中に表情豊かな香りとエレガンスが感じられ、グランクリュたる奥深さが堪能できる。
モンターニュ・ド・ランス地区の南部に位置するブジーは、シャンパーニュのグランクリュで最もパワフルなピノ・ノワールを生み出す。隣村のアンボネイもピノ・ノワールで名高いグランクリュの村のひとつだが、それぞれのキャラクターは異なる。アンボネイは、ふくよかな果実の中にフィネスを備えた豊満な味わいとなる一方、ブジーでは、日照豊かなほぼ真南を向いた斜面と厚い粘土に覆われたベレムナイト・チョークの土壌から、肉厚で力強い男性的なシャンパーニュが生まれる。そのため、この村はスティルの赤ワインの産地としても知られており、ブジーのピノ・ノワールから造られたブジー・ルージュは、著名メゾンを含め、ロゼ・シャンパーニュのアッサンブラージュに重用されている。
1768年からブジーでブドウ栽培に携わるピエール・パイヤールは、この村に深く根差す生産者だ。レコルタン・マニピュランとして現在の醸造所を設立したのは、戦後間もなくの1946年。現在は、8代目となるアントワーヌとカンタン・パイヤール兄弟を中心にシャンパーニュを生産している。

NVレ・パルセル グランクリュ (ピエール・パイヤール)
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001512/


49684.jpg

specer_4.gif2006ミレジム エクストラ・ブリュット(ピエール・パイヤール)
http://onlineshop.yswinegallery.com/shopdetail/000000001513/






49691.jpg
















このブログ記事について

このページは、ワイズワインギャラリーが2017年8月 4日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャンパーニュ会!第3弾「ピエール・ペテルス編」が開催されました。」です。

次のブログ記事は「8月26日開催「アンドレ・クルエを飲み尽くす会」にさきがけて・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。